« March 21, 2004 - March 27, 2004 | Main | April 25, 2004 - May 1, 2004 »

April 24, 2004

『幸せな宝地図であなたの夢がかなう』 望月俊孝著

4901465759.09.MZZZZZZZ.jpeg

驚くほどカンタンに、夢をかなえる方法がある。それが宝地図だ。
本書ではその作り方、なぜ効果があるのかを述べる。

【1】宝地図とはなにか?

宝地図は大きな紙に、自分のイメージする写真や雑誌の切抜きな
どそのイメージに合ったものを貼り付けたものだ。

これを毎日眺める。ただこれだけで、どんどん夢が達成される。

作り方は簡単だ。

A1くらいの白紙かコルクボードを用意する。まず、紙の中央に自
分がにっこり笑って幸せそうな写真を貼り付ける。次に手に入れた
い物や目標を具体的に示す写真やイラストなどを雑誌から切り抜い
て貼り付ける。

配置は自由だ。目標の期限や条件は文字で書き込んでおく。さらに
目標のための具体的な今日の、または今週・今月のアクションをポ
ストイットで書いて貼り付ける。

これを目につくところに貼り付けて、頻繁にながめる。

たったこれだけだ。

【2】なぜ宝地図が夢をかなえるのか?

人の「意識」は情報を収集するためのチャンネルのようなものだ。

「海外旅行に行きたい」だとか「家を買おう!」と明確な目標を示
した時点で、意識はそのための情報を集め始める。

それだけで、今まで気にならなかったチラシや本のタイトルが目に
つきはじめる。特に潜在意識は、頭の中にある過去の出来事から電
車の中の他人の会話まで、明確な目標にそった情報を収集していく。

宝地図に夢や目標を書いて、眺めることで、常にこの明確な目標に
ついて情報を集めることを自分の潜在意識に指すことができる。

当然、夢や目標を考えることは楽しいことだから、それを眺めるこ
とで、自分をごく自然に鼓舞することができる。また、努力や、苦
難を乗り越えるという苦痛も低減していく効果も期待できる。

【3】宝地図のカギ、潜在意識の特徴

潜在意識にはいくつかの特徴がある。

言葉よりもイメージに強く反応する、感情がこもったものに強く反
応する、現実と想像の区別がつかない、否定形を理解できない、主
語は常に一人称として考えているなどだ。

だから、文章のられつよりも、写真のほうが効果が高いし、わくわ
くするようなイメージと直接的につながる写真は潜在意識に強く働
きかける。

想像と現実が区別がつかないので、貼り付けた成功イメージを見て
、脳裏に焼き付ければ、自分がその成功にふさわしいと考えるよう
になる。

また、意識は否定形を理解できないから、「緊張してはいけない」
と思うほど緊張することになる。

だから宝地図では目標を「家族と仲違いしない」ではなく、「家族
と親密な関係でいる」という肯定で考える。

さらに、潜在意識の中では主語は常に一人称なので、「あいつなん
か失敗しろ」と思っていると、自分が失敗することになる。

こういった理由で、適切な目標を設定して、そのイメージをちりば
めることが、潜在意識を後押しして、成功を早める。


【4】従来の成功法則が難しい理由

従来からもたくさんの成功法則がある。

例えば、自分の目標像をスローガンにしてそれを朗読する。設定し
た将来の目標からブレークダウンした、細かな目標を毎日毎日進捗
状況を確認する、そして積極思考でがんばる等など。

しかし、イメージがうまく描けなかったり、やる気や情熱が長続き
しない、努力や苦痛を伴う方法を繰り返してしまう、さらには積極
思考だけでは現実の壁を破れないなどの問題があった。

宝地図はこのような、問題点をクリアしている。

簡単な宝地図をできることからスグに始めよう。
 
※購入を希望される場合こちらからどうぞ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901465759/tyosyakaranom-22
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●  本書の学び
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本書の学びは「幸せに感じる心を手に入れることこそ成功」だ。

夢や目標を設定し成功をめざすことは、逆に今が不満だからこそ、
そう考えるのだとずっと思っていた。

「○○さえ手に入ればと思っている間は、は何かを手に入れても
一時的な満足で、すぐに不満になた」と筆者はいう。

そういう経験は私も多い。「こんなに欲しいものを手に入れて、何
が不満なんだ?」家族にもそう言ってしまうことがある。

金やモノなど、外にあるものを追い求めても、結局そうなる。

しかし、「成功」の定義を「幸せを感じること」とすれば、なにか
モノをもつ、得ることが成功ではなく、今の環境に感謝し、楽しむ
ことが「幸せ」になる。

外ではなく、自分の心が「幸せを感じられるようになる」こと。

目標を達成して、初めて成功すると思っていると、目標達成の過程
は苦痛であったりする。

幸せになる目標を設定することと、幸せに目標を達成することは大
きく違う。

今与えられていることを楽しみ、感謝しながら、夢の実現を進めて
いくことが大切だ。その過程で「幸せを感じる心を手に入れられる
」はずと筆者はいう。

「幸せは外にはない」とした、昔話「青い鳥」はよくできていたの
だ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●  お勧めレベル  ★★★☆☆ (5つ★で満点)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ワンポイント】成功本には「目標達成ガンガン派」と「ほっとい
ても成功する派」がある。この本は後者。私は、後者が手間いらず
なら両方やればと思っている。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 23, 2004

『マネするマーケティング』 岡本吏郎


4860630521.09.MZZZZZZZ.jpeg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●  本書の内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】人類最大の効果的な戦略はマネだ

中小企業も戦略を、一からアイディアを考え出す必要はない。先人
のやってきたことをマネするのだ。

昔からも、そして今後も最も効率よく効果が高いのはまえからある
原型やルールを元にして、新しいものを作り出すことだ。

音楽や映画もマネをすることで成功してきた。レッドツエッペリン
、ビートルズ、「千と千尋の神隠し」などなど、たくさんの例があ
る。

むろん、猿マネではうまくいかない。

チラシの紙の色を同じにしてしまう。キャッチコピーを単純に入れ
替える。

何も考えない表面だけのモノマネでは成功するはずがない。

【2】うまくモノマネするためのルールとは?

そういう状況下でわれわれがマネをしなければならないのは、構造
やアイディアだ。

典型的な構造として、「物語」がある。

セールスポイントである「こだわり」は売り手が一生懸命訴求した
いところだ。

ところが、「うちは高気密住宅で。。」や「精度の高さが。。」と
いうこだわりは、実は犬も食わない。「子供が病気にならない」こ
とには関心はあっても「高気密住宅」に関心のある人はいないから
だ。

これを物語を使ってうまく伝える。

冒険物語のような、苦労があっての勝利、または、ドラえもんのよ
うに、他人の望みをがんばってかなえてあげるというストーリーが
ずっと、昔から受けてきた。

このようにウケル構造がわかれば、売り手の「こだわり」をチラシ
や広告を使って伝えるヒントになる。

【3】「物語」って例えば?

例えば「植物物語」という石鹸が売れていたり、「AIBO」や「
フェアレディーZ」のように開発物語が付加情報になっているもの
がある。

このように今の消費者は「物語」に反応する。

ある工務店のチラシでは「家」そのものを主体にせず、「我が家の
住まい作りストーリー」を見せますとして、集客に成功した。

「物語」はストーリーそのものと同じく、「語り方」も重要だ。語
り方の鉄則はお客さんの視覚に訴えること。

「この家で一番目をひくのは玄関の吹き抜け。玄関を入ると広い空
間が現れ、実際の家の大きさよりも広く...」と、視覚化される
とぐっと読ませてしまう。

【4】それではどうやってチラシや広告をつくっていくのか?

チラシをつくるのに、一番の基本になるのは、「このチラシでお客
さんは○○できる」を埋めること。○○には一般的にお客さんが喜
ぶことが基本になる。健康、お金、恋愛、コミュニティ、自己実現
などだ。

さらに、入り口と出口を考える。

入り口はキャッチコピーや、アイキャッチが相当する。内容はもち
ろん、配置、色、サイズを慎重に考慮する必要がある。

出口はお客さんにして欲しいこと。電話して欲しい、資料請求して
欲しい、お試しセットを請求して欲しいなどだ。

あとは他のチラシや広告をまねて中身を埋めていく。具体的なキャ
ッチコピーや、受ける文章の参考事例は、雑誌のページ、エッセイ
、外資のDMなど、身の回りにたくさんある。

ただし、チラシや広告の成功のためには、売れる時期をみた実施タ
イミングであったり、読み手を明確にすることや、媒体選びなども
重なってくることに注意。

※購入を希望される場合こちらからどうぞ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4860630521/tyosyakaranom-22
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●  本書の学び
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本書の学びは「言葉は再定義して使え」だ。

ビジネスマンに人気の言葉に「戦略」がある。

男は本質的に軍事ものが好きだから(子供のころ、ロボットアニメ
に入れ込んだ人は多いはず。あれは軍事もの)、戦術、戦略、作戦
というマーケティング用語をつかっていると、なんだか高揚する。

しかし、戦争ごっこならまだしも、仕事で「戦略」という言葉を気
安く使うのは危険だ。

なぜなら、かっこよすぎて、それで仕事をしているような気がする
からだ。

営業戦略、事業戦略、商品戦略、財務戦略、はては、福祉戦略、保
険戦略、保養戦略、宴会戦略。。

なんでも戦略をつけるとそれ風に聞こえるが、中身は何もない。

また、「戦略」という言葉そのもは同じでも、他人が言っている意
味とこっちが思っている意味が違うことも多い。

それぞれ勝手に解釈しているのだ。

本書で、著者は戦略を「ライバルがやったらいやだなーと思うこと
はなに?」と置き換えている。

「コンセプト」であったり、「付加価値であったり」、身の回りの
仕事用語も再定義しないと、互いにいっていることがまったく逆の
こともある。

「言葉を自分にあうように再定義する」こと、特に著者のように行
動に結びつくものがお勧めだ。

例えばお客さんは広告の「コンセプト」を「このチラシでお客さん
は○○できる」と定義している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●  お勧めレベル  ★★☆☆☆ (5つ★で満点)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ワンポイント】ここをこうマネろというストレートなメッセージ
を意図して隠しているから、多少はぐらかされるようなきになるか
も。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2004

『変な人が書いた成功法則』  斎藤一人著


4062567326.09.MZZZZZZZ.jpeg

第一回めの紹介は斎藤一人さん。

「変な人」というコピーが、一連の著作で定着した著者。本書では
「人生に困ったことは起きない」と神様が決めているから、誰でも
笑いながら成功できると言い切る。

【1】成功の法則はとてもカンタン?

成功するのは、努力でも才能でも、ましてや苦労でもない。才能が
あるのに苦しんでいる人はゴマンといる。

成功を手に入れるには「私に困ったことはおきない」と声にだして
いってみることだ。

例えば、近所に妬まれていると思って、困っているとする。

でも「だから何?家族も友人も、仕事仲間ともうまく言っている」
と思えば、それは解消されてしまう。

人はその状態ですでに完璧だ。五体満足であったり、親が元気であ
ったり、いろんな「豊かさ」をもっているはずだ。

それを肯定して、今あるがままを感謝する。「豊かさ」を実感する
こと。

それが成功のための基本だ。

【2】問題は続々とあらわれる。

成功するためにひとつの問題をクリアすると、つぎの問題が起る。

問題の中身は人によって違う。それはそれぞれの人のステージが違
うからだ。

そして、クリアしていけばいくほど、その人の(魂の)ステージが
上がる。

自分の豊かさを肯定して、素直に感謝し、強い肯定をしないと、否
定的な考え方がアタマを支配し、問題がクリアできなくなる。

与えられた自分という個性や環境に感謝して、与えられた状況の中
で一生懸命に、そして楽しく問題を解決していく。

そうすれば自分らしい成功を得られる。

例えば、著者は実はほしいモノはない。

しかし、事業を拡大して、人々に喜んでもらうということが好きと
いう個性を持って生まれているから、それをやり続けていくことが
楽しいのであり、成長になるのだ。

他の人は、違う個性をもち、別の好きなことをもち、その中で成功
し、成長する。

【3】成功の始め方

成功は楽しむところからスタートする。

楽しむことは「自分はコレで完璧」という肯定がないとできない。

そして、楽しみながら、豊かな心で他人にも「楽しくてしょうがな
い!」と思ってもらうようにする。

そのためには、他人に自己重要感を持たせること。人が一番欲しく
いもの、自己重要感を与えて、楽しくて楽しくてしょうがないと、
従業員をおもわせること。

そして、お客さんにもそう思わせることで、成功し、自分も成長す
る。

人は自己重要感を持つことで、いきいきとし始め、生活はよくなり
、成長していく。

他人に自己重要感を持たせるのはカンタン。ほめることだ。

ほめられた人は、楽しんで仕事をどんどん広げていってくれる。

【4】本当の成長?

成功して、成長して、トップに立ったとする。それは周囲の風当た
りが強くなるだけだったりする。

例えばヒマラヤ登頂に成功する。そこにあるのは岩ばかりだ。しか
し、そこに上った爽快感はその人しかわからない。

ゴルフや酒宴など、いろんな楽しみのなか、たった一つだけ、永久
に喜べるものがある。それは、自分の限界を超えて、成長していく
ことだ。

その爽快感も本人にしかわからない。

また、それは人間にしか与えられていない。その喜び、成長のために
問題をクリアしていこう。

問題は、解決できない人には提示されない。問題にたいして「困っ
た」と思っている限り、解決できない。「どうやったら解決できる
のかな」と思うことだ。

※購入を希望される場合こちらからどうぞ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062567326/tyosyakaranom-22
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●  本書の学び
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本書の学びは「うまくいかないことは、やり方が間違っているとい
うサイン」だ。

本書では「苦労ばかりしているとしたら、それは神様がやり方をま
ちがっていると教えてくれている」という。

いろんなことを試してみて、うまくいかないなと悩む。さらに試し
てみて、もっと悪くなることがある。

または、悩んでいる割には毎回同じことをやってしまうことも少な
くない。

例えば、商品を売ろうとして、広告を出したのに、反応がない。

ビジネスの戦略を練ろうとして、みんなを集めたのに、議事進行が
よくないのか、盛り上がらない。

新しい商品の開発を進めているが、技術的な障壁があって、うまく
いかない。などなど。

物事がうまく進展しない場合には、2つの理由がある。

ひとつはやり方が足りないという量の問題。もうひとつはやり方が
間違っているという質の問題。

量はある程度こなさないといけない。しかし、手垢のついた方法を
いつも繰り返していると感じるのなら、おそらくその方法は間違っ
ている。

そのとき、「何でもいい、とにかく変えてみる」という発想をしよ
う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
●  お勧めレベル  ★★☆☆☆ (5つ★で満点)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【ワンポイント】神様とか、波動という言葉がよく出てくる。言っ
ている結論そのものはそんなに飛んでいないので、これらの宗教用
語をうまく読み替えられる人向け。語り口は小学生でもわかる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 21, 2004 - March 27, 2004 | Main | April 25, 2004 - May 1, 2004 »